隣の主婦は風俗嬢

自分を実感するからこそ

風俗に行くと、オナニーの時とは全然違うなってことを実感するんです。それは快感だけじゃありません。自分のモノの度合いです。オナニーの時は正直、あそこまでビンビンになるようなことはないんです。でも風俗では自分でも驚くくらい凄いことになっているんですよね(笑)カチカチというか、それだけ気持ち良いって感じているんでしょうね。オナニーの時は快感と言うよりも、まるで作業をしているかのように惰性でとりあえず絶頂までって思ってしまう時もあるんですけど、風俗で遊んでいる時には惰性だなんて一度も感じたことはありませんね。もっと自分でも積極的に楽しみたいなって気持ちになるじゃないですか。その時にこそ、もっともっと楽しみたい。そう思っているのかもしれません。だから風俗に行くと、女の子にいろんなことをされて楽しいだけじゃなくて、自分があれだけ元気になっていることを確認出来る点もまた、風俗の楽しさの一つなんです(笑)

結論としては月一

どれくらいの頻度なのかと言えば、平均すると月一くらいですけど、それが正解かなって思っています。つまりはお給料が出たら風俗を楽しむ。このペースが結論ですね。臨時収入とかがあればともかく、基本的には月に一度のお給料じゃないですか。それはやっぱりあれこれ考えるのではなくて、自分の気持ちに素直になって楽しみたいかなって。でも、それ以上となれば真剣に考慮しなければならないかなと(笑)というのも、何度も楽しむのであれば、コストパフォーマンスや時間配分、オプション等、より細かい部分までしっかりと考慮しなければならないじゃないですか。どういったことを楽しむのか。このテーマを持つことこそが、風俗ではとっても大切なことになってくると思うので、自分なりにいろいろと考えましたけど、やっぱり月一くらいで気軽に楽しむのが自分にはピッタリなんじゃないかなって思うようになりましたし、それでいいんじゃないかなって気持ちが強いです。