隣の主婦は風俗嬢

もっとハードルが高いと思っていたんです

遊んだことが無いからこそ想像力が膨らむ部分もあると思うんですよね。だから風俗ってもっとハードルの高いものだと思っていたんですよ。慣れている人であれば問題ないようなことも、初心者にとってはハードルが高い…。勝手にそんなイメージを持っていたんですけど、それは本当に勝手なイメージでしたね(笑)この前とある事がきっかけとなって風俗デビューしたんです。ピンサロだったんですけど、あんなに簡単に楽しめるものなんだなって。それこそ温浴施設にあるマッサージよりも簡単なんじゃないですかね(笑)だって温浴施設のマッサージの場合、時間調整とかあるじゃないですか。でも風俗は別に何もないというか、その日はあまり混んでいなかったのもあって、すぐに案内されて奉仕してもらって。こんなに簡単に楽しめるのかって驚いたくらいですけど、それだけに、風俗って楽しいんだなってことにも気付かされましたので、これから風俗で遊ぶのに加速したいですね(笑)

濃いくらいが丁度良いのかも

固定観念というか、風俗嬢に限らず女性の体は綺麗な方が良いって思いがあったんです。特に乳首です。黒ずんでいる乳首よりも桜色の方が良い。そんなイメージを勝手に持っていたんですけど、この前遊んだ人妻風俗嬢が自分のそんな意識を変えてくれました。というのも、彼女の乳首は人妻らしさを感じさせる、ちょっと黒いものだったんです。でも乳首そのものはコンパクト。乳輪もそこまで大きくはありませんでしたかね。正直、乳首を見た時に残念とまでは言いませんけど「ピンクじゃないのか」と思ったのは事実。でも、その乳首と戯れていると、むしろこのくらいの方が臨場感があるんじゃないかなって思ったんですよね(笑)ある意味、生々しいじゃないですか。桜色過ぎると、それはそれで非日常感と言うか、「普通は有り得ないだろう」みたいな気持ちになっちゃいますけど、あれだとよくあるというか、リアルな雰囲気があったんですよね。そこに心を奪われました(笑)